連帯保証人不要。レイクは何を審査基準にしているのか?

カードローンは連帯保証人も担保も不要でお金を貸してくれます。考えてみれば不思議ですよね。貸す側から考えた場合、契約者が返済できなくなった場合の保証が一切無い状態で、よく現金の融資ができるなと思ってしまいます。これだけ消費者金融が普及しているのだから、返済不能に陥るケースだってたくさんあると考えるのは自然なことです。なぜ、消費者金融は保証なしに融資を行うような危険を犯しているのでしょうか? たとえば大手金融会社のレイク。もちろん他社同様、キャッシングの際に連帯保証人や担保を必要としません。レイクは何を基準に利用者の審査を行っているのでしょうか? それは返済能力です。そしてそれに見合った融資枠の設定が大きな鍵といえるでしょう。

レイクに限った話ではありませんが、キャッシング利用の申し込みの際に収入証明書を提出するのが一般的です。中には例外もありますが、収入がなければ基本的にどこの金融会社も審査を通すことはないでしょう。キャッシングの場合ここにポイントが有るようです。どういうことかといえば契約者の返済能力を徹底的にチェックしているのです。この収入であれば返済能力が有る、もしくは無い、という判断を各社の基準に合わせて審査しているのです。レイクの場合も例外ではありません。そしてもう一つこの収入なら貸せる金額はいくらまで、という審査も厳しく行われています。言うまでもないことですが、宣伝で最高融資額を500万円とうたっていても、すべての利用者が500万円の融資が受けられるわけではありません。この人には50万円までしか貸さない、この人なら200万円まで貸し出し可能などと返済能力に合わせて最大融資可能額が変化していきます。つまり、利用者が返済できる金額しか貸さない、という方法をとっているといえるのです。返せる金額しか貸さないから保証人も担保も不要ということが可能になるのでしょう。けっしてリスクを背負っているわけではないのですね。余談ですが利用者が定期的にキャッシングし、問題なく返済を続けた場合、金融会社の方からキャッシング枠の増額を持ちかけてくることがあるそうです。信用度が増したということですね。金融会社にとっては嬉しい誤算ということになるのでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査が甘い】だけで選ばないで!アコムよりもおすすめな会社はここ! All Rights Reserved.